ようこそ ちさと亭へ!


どんな立派な鶏でも、最初はみんな「ひよっこ」だった!

 

名前:北海 千里 (きたみ ちさと)  

性格:脳天気(皆に言われる)しとやか(誰も言ってくれない)
特技:都合の悪いことは すぐ忘れる  
趣味:料理(食べるだけ)   お花(見るだけ)   お茶(飲むだけ)

好きな番組:ひよっこ(NHK朝ドラ) 隅から隅まで気に入ってるドラマだべ

コスプレ七変化  衣装30着
いま熱中していること:”恋ダンス”の美容体操 就寝前に3セットやる

最近読んだ本:「人は見た目が100%」 ”Renta!”で1~4巻。スマホでも読めるのでお勧め!

 

好きな歌:湖池屋さんのCM ”100%Song” がすごい! よく聞くと楽しい歌詞
 

♪100% 日本産のいもを使っているの 100% 日本産のいもを…いもを…いもを…使っているの おいしい~♪

 


「どじょう」のはずがなぜ「どぜう」?

千里亭のれん

「どじょう」じゃ暖簾に収まらんべ 。どぜうと書いてどじょうと読ます。
駒形どぜうの初代店長はデザイン感覚も抜群だったのね。

 


どぜうすくい 特訓中!  師匠のテンポが速すぎて・・

 

"店長さんが面白くて好きです!春から中学二年生になりますが、このサイトから元気を貰って私も勉強を頑張りたいと思います。" (北海道 カレンダーガールさん)

(千里)ありがとね。 勉強頑張れ! 遊びもがんばれ! あら エッサッサー!

 


次の漢字は何と読む? 埼玉県の地名などです。 半分読めればあなたも埼玉人! 

1)行田市立埼玉中学校 2)生出塚 (鴻巣市) 3)越生 (越生町)  4)女影 (日高市) 5)釣上 (さいたま市) (6)垳 (八潮市) 7)道祖土 (さいたま市) 8)脚折 (鶴ヶ島市) 9)双柳 (飯能市) 10)御稜威ケ原 (熊谷市) 11)毛呂山 (毛呂山町)

  (答えは最下段に)


 過去のクイズを読みたい人は、ふうたコミセン千里の井戸端会議」へ。

千里の井戸端会議を、うっかり読み始めると面白くて出られません. (東京都 あきじろうさん)  

   

 

"スマイルe"とは ※「風たより」3/30号参照


「ビールを通して笑顔をお届けしたい」という願いを込めて、eの文字を斜めにして笑顔にあやかったハイネケンビールのロゴ。

タモリさんの「笑ってい~とも」とはなんも関係ねーけん。はい。


 

キリンビールのラベルにキリンの隠し文字

キリンビール 亀田製菓「穂の香」


”昔、駅で使われていたボールは?


1)ローボール  2)ミディアムボール  3)ハイボール

 

◆「ローボール」とは、ふつう飛球線が低いボール、または野球でストライクゾーンより低いボールを指すことがありますが、心理学用語にもこの言葉があるんですよ。

◆心理学の「一貫性の原理」に基づく手法で“ローボールテクニック”と呼ばれるものがありまんねん。ビジネスにはもちろん、悪徳商法(?)にもよく使われるんですと。

◆最初にとっつきやすい魅力的な話を並べ、その気になったっ所で、本来の条件(悪い?)を出すのね。これが「一貫性の原理」(一旦受け入れると 後戻りしづらくなる)なの。

◆提示条件をキャッチボールに例えて、 最初に相手が受け取りやすい低めのボールを投げ、ついで変化球を繰り出すということからこの名前で呼ばれます。甘い言葉にゃ裏がある!

◆ライト、ミディアム、ヘビーと言うと何やらボクシングを想像しますが、ボールがくっつくと、はて? ボウリング好きな方ならピンと来るばず、ボールの相手がピンじゃけん。

◆ボウリングでは、レーンのメンテナンスにオイルを使うんですね。オイルの量によって球の走りや曲り方が違うんですと。オイルが少ないとライト、多いのをヘビーと言うんよ。

◆このレーンコンディションに合わせて、今日はミディアムボールで行くべかという風に使い分けできるのは、相当腕のある人ね。おらっちは、何を使ってもミゾ掃除ばっかし。

◆ハイボールはウイスキーなどを炭酸水で割り氷を浮かべれば出来上がり。飲めない人でも知っている、新米のバーテンさんでもこれだけは作れる、と言うくらいポピュラー。

◆西部劇の時代、列車の出発合図に変わった信号機が使われいたのね。長い棒に大きなボールを上げ下げできるようにした道具、つまりボール信号機と言うものがあったんよ。

◆ボールが上がれば列車はゴー、下がればストップと決められていました。である駅のウイスキーのソーダ割が大好きな信号係、ボールを揚げる度、ハイボールと叫んでいたとか。

◆ウイスキーのソーダ割が“ハイボール”と呼ばれるようになったのはそんないきさつがあったのね。というわけで駅で使われていたボールは“ハイボール”でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
答えがわかったらここから応募!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

猫ダンス
さいたまには月への案内標識がある!(さいたま市)
◆月への標識めっちゃ地元だ!最近できたのか?知らなかった!見に行かなきゃ!!(埼玉県 マネーさん)

 

  •  
  • さいたまにはうどんとステーキが一緒に食べられる店がある!(さいたま市)


    さいたまには噴水のある川がある!(越谷市)

    東武スカイツリー線 越谷駅から徒歩5分、街のど真ん中を流れる川だけど高層ビルが見当たらないのもスゴイ!

     

    さいたまには野球見ながら花見のできドームがある(所沢市)

    4月9日ライオンズ勝ったぁ 西武ドーム球場満開

     

昆布は「だし」とるだけと思ってるあなた! 昆布でパックやってみる?

店長のひらめき


昆布加工所の母さん方は、なんで「つるつる、ピンシャンお肌なん?」

それは昆布成分のせいなんだけど、お家でやると長時間昆布煮たりミキサーでつぶしたり、そりゃぁ面倒なんだわ。

ものぐさ店長千里にひらめいた「ずぼらアイデア」は自然調味料あじこんぶ(昆布パウダー)を使うこと!煮る手間も、ミキサーも要りませーん。

やってみると、これがなかなかベリグーなんだべさ。

昆布パック

●たまご、きゅうり、お塩、どろんこ、パックは色々あるけれど昆布でしてる人も、結構いるらしい。。

●美白、引き締め(小顔・たるみとり)・・・とTVで放映されてから皆さん関心が高まったみたいですが・・・。

●昆布を煮たり、ミキサーにかけたり、オイル混ぜたり、とても面倒で・・と諦めてた人が多いの。 でもね、このメール読んでみてぇ。

【お客様の声】
毎晩、パックで使用しています。するとしないでは大違い!とても調子がいいです。これからもお世話になります。
(ン年前のお便り)


(最近のお便り) 
早いもので、この昆布パウダーを買い始めて10年近くになります。毎晩のパックのお陰で、40歳を過ぎてもまぁまぁな肌を保てていると思います(^^;)
これからもずっと買い続けますので、長いお付き合いを宜敷くお願い致します。
(東京都 美奈子さん)

昆布パックの作り方 

 


  •  
  • ■自然調味料あじこんぶ(昆布パウダー)を、おおさじすりきり(数グラム)と同量の小麦粉をつなぎに入れてよく混ぜます。
    パウダー100%だと練りにくいため、混合比は色々試してね。

    ■水を少量づついれて適当な粘りになるようスプーンなどで滑らかになるまで練りあげます。(水は少し入れては練り、入れては練りするのがコツ)(水が多いとダマになる)

    ■顔のリンパマッサージをしたあと、パックを全面に塗ります。キッチンペーパーなどに塗って貼るのもいいかも。
    リンパマッサージの仕方は検索エンジンで調べるとどっさり出てきます。

    ■15分ぐらいすると乾いてきますので、ラップをのせて蒸しタオルで1分ほど温め、洗顔します。

    ■上手く落ちないときは蒸しタオルでふき取ればOK。
  • ■特徴は、手間がかからない、1袋(50g入り)で7~10回できて経済的、その都度作れる、匂いが少ない、塗りやすいなどかなぁ。

    ■お肌に合わない人もなかにはいるので、心配な人は腕でバッチテストをしてからやりましょう。混合比を変えてみるといい場合も。

    ■もともと食用(調味料)だから、お料理にもしっかり使ってくださいませ。
  • ■匂いが気になる人はオリーブオイルを少量混ぜてよく練るといいですよ。。
    いいなぁと思ったらあじこんぶをすぐ注文しましょう。

  • 昆布パックに便利な「自然調味料あじこんぶ」は、真昆布100%のミクロンサイズのパウダーです。

1 )行田市立埼玉中学校 → ぎょうだしりつさきたまちゅうがっこう 

2)生出塚 (鴻巣市) → おいねづか

3)越生 (越生町) → おごせ

 

♪ 埼玉県の地名クイズに誤字があります。問3の おごせ は 越生 と書きます。 生越 ではないです。ちなみに自分は問11、越生のお隣毛呂山出身です。(千葉県 のわーるさん)

 

ひぇ~、ご指摘ありがとうございます。すぐ訂正いたしました。越生は関越道で時々行くのでよく知ってるつもりが仇に。officeでは「おごせ→生越」と変換するので、見落としていました。ごめんなさい。(千里)


4)女影 (日高市)  → おなかげ

5)釣上 (さいたま市) → かぎあげ

(6)垳 (八潮市)  → かけ

7)道祖土 (さいたま市) → さいど

8)脚折 (鶴ヶ島市) → すねおり

9)双柳 (飯能市) → なみやなぎ 

10)御稜威ケ原 (熊谷市) → みいずがはら

11)毛呂山 (毛呂山町) → もろやま


上に戻る